星たちの下で歴史を刻む。

遅れたけど、10周年おめでとう。

 

いま応援してる子たちが、憧れの先輩に名前をあげてたり、Hey!Say!JUMPの曲を歌いたいって言っているのを見て、そうやって言う子がどんどん増えていくのを目の当たりにして、そんな存在になったんだなと実感します。

 

私はデビュー少し前から7年目くらいまでしか担当として応援してなかったけど、10周年ってやっぱり大きいなって思います。

10年目を迎えたいま、毎日誰か1人はテレビで見るんじゃないかってくらいメディア露出も増えて、レギュラー番組も増えて、正直数年前じゃ想像できなかった光景が広がってます。

私がリアルタイムで応援していた頃は、Hey!Say!JUMPのファンって言うと、珍しいものを見るような目で見られて、山田くんしか知らないって言われることが多々あって、「JUMP=山田涼介」っていうのが世間のイメージでした。

今では、伊野尾くんね!とかヒルナンデスに出てるねとか、山田くん以外の名前を聞くことも増えて、周りにJUMPファンがいて、10年間JUMPのみんなが積み重ねてきたものが無駄じゃなかったって思わされます。

 

この10年、たくさんのことがありましたね。

デビューした時はメンバーのことでいろいろ言われ、デビュー後もドームが埋まらない、CDが長期間出せない、メンバーの脱退。

本当に色々あって、その光景もずっと見てきました。

その頃は辛さを見せなかったけど、最近になってあの頃のことを話してくれてるのをみると、ここまで来ることができて本当によかったって心から思えます。

 

JUMPがいなければ、今こんなに応援したいって思える子に出会えてないと思うし、こんなに楽しい毎日じゃなかったと思います(笑)

私の原点。

たくさん楽しませてくれてありがとう。

JUMPのダンスが大好きです。

 

見たことのない景色をたくさん見てね。

大きな打ち上げ花火もっともっと打ち上げてね。

紅白出場決定おめでとう。

 

 

 

 

おめでとう。

 

松村北斗くん、お誕生日おめでとう。

こんなにしっかりと書くのは最初で最後かな。

 

22歳か。初めて北斗くんを見たとき、まだ中学生であどけなくて今以上に滑舌が危うくて、自分の名前も噛んじゃってイジられて。

そんな北斗くんが22歳ってあっという間ですね。

21歳の北斗くんはたくさん見ることができました。

映画に舞台にコンサート。

いろいろな顔の北斗くんを見ることができて本当に楽しかったです。

21歳の1年は実りの多い大切な1年になったんじゃないかなと思っています。

 

この数年間で悔しいことも辛いことも楽しいことも沢山あったと思います。

辛いこと、悔しいことの方が多かったですか??それを超えるくらい幸せだと思うこと、楽しいことがありましたか??

後者の方が多ければいいなと思います。

もしも今、前者の方が多いなら、これからの思い出が幸せいっぱいのものであることを願ってます。

まだ見たことのない景色を見てほしい。

幸せをたくさん感じてほしい。

何もかもがうまくいくことなんてないし、そんな簡単な世界じゃないけど願ってます。

 

プライベートでは大学生として、お仕事ではアイドル松村北斗として、後悔のない一年にしてください。

 

22歳の1年が笑顔のあふれるものでありますように。

 

 

- 泣いた日々や悔しい思い出さえ忘れてしまうそんな景色がどうかあなたにも映りますように -

 

 

ありがとうとごめんねと。


俗に言う、担降りブログってやつです。
たぶん重たい。ただ残しておきたくて書くだけ。


つい先日、担降りしました。
ジャニアイ辺りから、降りようかなって思いはあって、Jr.祭りが終わって、祭りの大阪より今の担当がいるクリエを優先した自分がいたから降りるのを決心しました。
たった3年で、前の人の9年に比べるとかなり短い間だったけど、年数なんて関係ないくらい濃くて楽しくていろいろ考えた約3年。
楽しいことばかりでもなかったけど、本当にわくわくキラキラしてたから、思い出として残しておきたくて書きます。

 

2015年の1月に9年間担当してきたデビュー組のある人のファンをやめ、ジャニーズ卒業しようと思ってた。
でも、ジャニーズのファンを辞めることはできなくて、やっぱり担当がほしいと思った時にふと思いついたのが北斗くんだった。
本当に申し訳ないけど、その時は完全にノリ。
仲の良い子が好きな子と現場被ること多いし、Jr.担って楽しそう!なんだかんだ昔から好きで、入所時から知ってるから北斗くんでいいや、北斗くん担当してみようって。
今考えるとノリで決めたことがこんなに楽しい数年になるなんて凄いよね。
北斗担になって3カ月後にクリエでSixTONESが発表された。B.I、バカレア時代のことを思い出して本当に嬉しくて、樹担の友達と駅で叫びそうなくらい喜んだ。
夏にはガムシャラで北斗くんが泣いているのを見て、自分も号泣して、これだけ同じ感情を共有できるのって凄いなって素直に思った。
デビュー組でも共有できる部分はあるけど、やっぱり何かちょっと違って、これだけ近くにこの人たちを感じることができるって素敵だなって。
北斗くんの涙を見て、この人をもっとみていきたい、応援したいって思った。
素直で優しくて涙脆くて歌えなくなって自分のパートをファンに歌わせて(笑)真っ直ぐ思いを伝えてくれて、好きだなって。
就職で上京してからはもっと会いに行けることが増えて、樹担の子とたくさん会いに行った。
サマステもふまそろも少年たちもジャニアイも東西も、北斗くんが居る公演は休みの度に行った。
最初は会いたいって思い出行ってたけど、ジャニアイは北斗くんと言うより全体の演出が好きで行ってたし、東西やJr.祭りに関しては行かなきゃ!みたいな思いが若干あって、この時点でもう義務みたいになっちゃってたんだよね。
樹担の友達は毎回と言っていいほど構われるのに、夏くらいを境に自分は全く構われなくなった。ファンサのために行ってるわけではないけど、あからさまに目を逸らされた時には、なんで?って思った。追いかけてるわけでもやらかしてる訳でもないから認知とかではない。
ある時先輩から、キラキラ感が足りないんじゃない?って言われた。
確かにそうかもしれないなって。楽しいって思いはあったけど、どこか義務的に白のペンライトを振り、北斗って団扇を持ち、ジャニアイの客席降りの時には慣れたように見てた。
それに比べたら構われてる友達はいつも、樹くん好きだよって感じがわかって、わくわくしてて可愛いなって思ってた。それはきっと向こうにも伝わるんだよね。向こうだってアイドルしてるの短いわけじゃないしね。
ファンサを求めてる自分とか、会えることが普通になっちゃって、初めの頃のわくわく感がなくなった自分も嫌になって、降りようかなって思った。
いまの担当の子が出てるクリエに行って、みてるだけで楽しくて、これから成長を見たいって思って、降りることを決意。
最低かもしれないけど、いまとても楽しい。
義務のように会いに行かなくていいから楽だし、自分のペースで応援できるし、これが本当のファンの形なのかなって。
きっと私は北斗くんを応援するにつれて求めるものが大きくなってた。
ダンスを歌をトークをファンサをもっともっとこうして欲しいって思いが強くなってて、ファンというよりも評論家ですか?みたいな時もあったし。そりゃキラキラもしなくなるよね。笑

ここまで書いてきたけど、嫌いになったわけではないよ。
今までのことを後悔もしてない。
本当に楽しかったし、いろいろな景色も見ることができた。
辞めずに続けてくれてありがとう。
SixTONESとして頑張ってくれてありがとう。
俺たちについてきてね!って言ってるそばからファン辞めてごめんね。
大好きでした。今でも嫌いになんかなってない。
もっともっとたくさんのファンを笑顔にしてね。
たくさんの思い出をありがとう。

SixTONES


SixTONESの単独公演で歌ってほしい曲をセトリにしてみた。
ただただ私得。好きな曲を詰め込んだだけ。
横アリ、代々木くらいの規模でしてほしいなって思って考えました。


1.BE CRAZY
オープニングはやっぱりビークレ。
オープニングからみんなで打ち合いっこしよう。

2.OUR FUTURE(Hey!Say!JUMP)
樹に煽ってほしい!!!
エビバディスタンダップ(そーだーおーらいっ)
昨日のミスはこの際バイバイ
下を向くのはもったいないない!
眩しい明日に早く気づいて!
C&R楽しいよ〜!!!
間奏で、どーもーSixTONESです!盛り上がっていきましょう⤴︎⤴︎
的なね。うん。

3.Feel your breeze
消せない傷をまた増やしてく〜
いつか想像してた未来と今が少し違っていたって〜

4.PERFECT(KAT-TUN)
何度も歌ってるからね。

5.Seven Colors(NEWS)
メンバーカラーのバンダナでもつけよう!
つけ方で絶対個性が出る。好き。

6.Smile Maker(NEWS)
樹、ジェシー、慎太郎の3人で歌おう。
〜本音で笑いあえる大事な人
までは樹に歌ってほしい。

7.Star time(Hey!Say!JUMP)
北斗、大我、高地の3人で。
次に備えて。この星のHIKARIの衣装で出てきてしっとりと歌ってほしい。軽率に泣く。

8.この星のHIKARI
はい来ました!
ここで歌う?って感じだけどいいんです。
衣装のこと考えたらこうなった。
この星に溢れてる〜

9.WALK(V6)
右も左もわからずのままで踏み出した道の上どこまでも照らしていたのはpride。
歌詞が全体的にすとんずっぽい。

はーだーしのシンデレラボーイ

11.明日へのYELL(Hey!Say!JUMP)
個人的に歌詞が好きな曲。
盛り上がるし!タオル振り回そう!!!
ああ強くなりたくて〜ただ熱くなりたくて〜

MC
長いだろうね(笑)自由に喋り倒してください。
きっと優吾おじいちゃんは明日へのYELLで疲れてるからね。ゆっくり休んで(笑)

12.Will Be All Right(KAT-TUN)
頑張ってる君の目が世界中に輝いて〜
最後の方は大我とジェシーでしっとりと歌い上げて欲しい。

13.LOVE SONG(NEWS)
ほくじゅで歌って下さい!!!
同じ歌詞でも、北斗と樹じゃなんか背景にあるストーリーがなんか違うよね。
それも含めて聴き入りたい。

14.ぶつかっちゃうよ(Sexy Zone)
慎太郎と高地で。
笑えるコーナーにしよう!

15.完全マイウェイ(Sexy Zone)
ぶつかっちゃうよが面白くて笑いながらメンバーが出てきて、そのテンション継続で盛り上がる曲を。
大気圏を突き抜けて彼方へ〜

16.Jump'n Up(KAT-TUN)
じゅり!じゅり!じゅりじゅりじゅりじゅり!!!

17.ハルカナ約束(KAT-TUN)
あの日俺たちが信じた夢
刻むハルカナ約束

18.TO THE TOP(Hey!Say!JUMP)
心からありがとう〜
夢へと向かって僕たちはこれからも大空かけて行く〜

19.Dash!!(Hey!Say!JUMP)
バンドしよう!!!
ドラムの音が響き渡るね!テンション上がる。

20.Heavenly Psycho(関ジャニ∞)
これもバンド!!
Dashとは打って変わって落ち着いた感じで、キーボードの音を響かせてほしい。

21.エンドレス・サマー(NEWS)
出だしを大我に歌ってほしいね。
引き込まれる。
「はみ出したまま生きていけると大げさに言ってみたけど大胆なほど未来はすぐに変わらなかった」ってすとんず感半端なくない!?

22.Smile(NEWS)
「1人でいれば楽だなんて強がるたび心は泣いてた」ここ、北斗が歌おう!
それをメンバーが優しい目で見てたら涙腺崩壊する。

23.Power Of Run(Sexy Zone)
ひたすら走って行くんだ
止まる選択肢はない

24.Teppen(NEWS)
テッペン目指せ〜⤴︎⤴︎

25.36℃(NEWS)
コンサートも終盤。
切ない感じで歌ってほしい。

26.Fly Again(NEWS)
本編ラスト。フルで歌って、みんなソロパート作ろう。

大我:いつもの帰り道をひとり歩き想うよ夢に近づけているかな?
高地:全てはうまくいかないそんなの分かっているけど悩みは消えないね
樹:誰もが未来に不安を抱え押し寄せてくる時間に追われ叶うかわからない夢あきらめそうになったとき
慎太郎:やりたいことがあったら迷わずに進めとかそんなこと分かっているさ
ジェシー:あの日かわたした約束今でも覚えているなら声聞かせてほしい
北斗:見えない大きな不安を抱えまた迫りくる何かに追われ叶うかわからない夢あきらめそうになったとき

曲が終わったら一人一人挨拶しよう。
重たくていいよ。重たい挨拶待ってる。


EC1.運命Girl(Kis-My-Ft2)
コンサートTシャツで出てきて、ファンサしまくろう!
おーれがすーきでしょ??
はい好きです。

EC2.Share(NEWS)
本編でも泣かせ、ここでまた泣かせに来てほしい。
トロッコに乗って、後ろの席まで回りながら歌ってほしい。

歌い終わって、センステに集まって、挨拶ね。
本編で重たい挨拶したからここは若干軽めにね。
定番の、生声で俺たちが〜??って言ってみんなでSixTONES!って叫んで終わろう。




はい、終わり!
ドロスト入れなかったのは、東京ドーム公演まで残しておいてほしいからっていう裏設定がある。
せいぜい頑張れNo.2って歌詞はドームで堂々と歌って欲しい!!!
妄想終わり。楽しかったです(笑)


涙拭ったその腕で奪えに行けNo. 1


夏が終わりました。
今年の夏も楽しかった。
キラキラしてて、儚くて。
そんなJr.の姿を見る事のできた夏は最高でした。
とりあえず文字として残しておきたいだけでここを活用する(笑)


去年はメインとして、パフォーマンスをする北斗だけをみたけど、今年はメインもバックも両方の北斗の姿を見ることができました。

風 are you、風磨のバックで踊る北斗かっこよかった。
セクゾバックの時点でも思ったけど、この人の後ろで、これだけ楽しそうに踊ってる姿が見られるとは思ってなかったから、不思議な気持ちで、でもちょっと嬉しくて。何が言いたいかって、楽しそうにしてる北斗を見ることができて嬉しかったですってことと楽しかったってことです。
ここまでくるのにも少し時間がかかって、やっぱり心にひっかかるものはあって。
でも、最終公演で風磨がB.Iのことを出して、こういう形で一緒にするのは複雑だったけど嬉しくて楽しくてって言ったことで、これでよかったんだなって。
やっと吹っ切れた気がして、レポを読んでいただただ泣いた。
過去があって、いまそれぞれの場所があって。
あの経験も無駄なものじゃなくて大切で。
ただ、コンサート楽しかったってだけの思い出じゃなくて、いろいろと考えさせられた風磨ソロ。
北斗がバックについたことで、観に行ってよかった。
子どもの頃に夢見てたのが今。
確かにそうかもね。
仕事辞めたいと思うことなんて毎日のようにあるし、悩みも絶えないけど、ずっと夢見てたものになれてるのが今だから、頑張ろうって思えた素敵なコンサート。
1公演だけど行けてよかった!!

夏後半はサマステ!
これはもう楽しくて楽しくて!
去年とは違う、ただ楽しもうって感じのサマステ楽しかった!
去年までみたいに、パフォーマンスで真剣に戦うのも夏!青春!って感じで好きだけど(むしろ始まる前までは文句言うくらい去年までのガムシャラが好きだった)今年も今年でよかった!
キラキラしたものを見せてくれてありがとうございました。
最終公演で泣くとは思ってなかったよね(笑)
顕嵐担の子と話したあとだったのもあって、トラジャコーナーで宮近の言葉で泣き、すとんずのパフォーマンスでもなぜか涙が出てきて。
一緒に行ってくれてる友達には、毎年毎年泣いて本当に申し訳ないと思ってる。去年はエグいくらい泣いたから本当に迷惑かけたと反省してます。
SixTONESもいつ何が起きるかわからないんだよねってふと思って、いまを大切にしようってなった。
B.I、バカレアってきて、SixTONESができたときに当たり前じゃない今を大切にしないとって思ったはずなのに、時間が経つと薄れてきて、当たり前になってきてる自分がいて。
Jr.がグループを持って、ずっとそのメンバーで活動できるなんて奇跡みたいなものだから、いつバラバラになって、誰がいなくなってもおかしくない世界だから、儚くて、キラキラしてて、その時間が楽しくてかけがえないもので。
大切にしていきたいね。


いろいろと考えた夏!
楽しかった!!
最高のものになりました!!!
幕が上がる前は、サマステでガムシャララ歌わないの?歌えよ!!とかラブとラブでスペシャルハートってなに!?ガムシャララは!!とか友達と言いまくってたけど、ごめんなさい。
ラブとラブでスペシャルハートおーさまさまーってノリノリだったし、GOにも完全にハマった。
Jr.の夏はひまわりの100倍眩しかった!!
涙拭ったその腕でNo. 1を奪いに行って欲しい!!
ちょっと強気に、せいぜい頑張れNo.2って言ってるすとんずがNo. 1掴む日待ってるから!!!